#mapid { height: 180px; }
Amazonプライム送料無料!お急ぎ便使い放題!

「家族だけの神前結婚式」。当日の様子まるごとレポート!

家族だけの神前結婚式
スポンサーリンク

こんにちは。なるねこです。

しばらく前になりますが、結婚式を行いました!

私が選択したのは、「家族だけの神前結婚式」。

いわゆる和婚、神前式です。


とても楽しく、自分が一番満足できる形で結婚式ができたと思います。

当日のことやそれまでの準備のこと等々…。忘れないうちに投稿します😊


今回は結婚式当日の様子を書いていきます。

当日の流れと様子

各々準備


朝は早い。。。

式は11:00~11:30ですが、支度があるので早起きです。

7:45に「新郎新婦ご来館」とありますが、夫はしばらくやることがないので別々で行くことにしました。
一人で髪飾りや肌着を入れたスーツケースをガラガラさせながら支度部屋へと向かいます。
ちょっとさびしい😂


支度部屋に到着したらスタイリストさんと髪型や化粧を相談しながらヘアメイク開始です。
人にいじってもらうのって楽しい😊
事前のヘアメイクリハーサルは行わず当日を迎えたので少し出来栄えが心配でしたが、
やはりそこはプロ。きちんとイメージどおりの髪型に仕上げてくれました🥰
すでに気分はウキウキです(笑)

神社へ移動~挙式前撮影


時間が押していたので急いで移動。
式は護王神社で行いました。

神社に着いたら早速写真撮影です。

フォトプランで発注したのでこの日はカメラマンの方に合計150枚近くの写真を撮ってもらえました。


式前の撮影では新郎新婦のツーショットや新婦ソロショットをメインに、神社の境内で色々撮影してもらいました。
遠巻きに家族が見ているので少し恥ずかしいですが、成人式以来の撮影はすごく楽しかったです😊

カメラマンの方が色々ポーズ指定してくれたのでそれらしい写真がたくさん撮れました。
神社自体も特徴ある神社だったので取れ高たかく、大満足です。

くつろぎタイム~式の練習


控室は新郎側、新婦側別の控室になっていました。
綿帽子をセットしながら自前のカメラで動画を撮ったり家族とおしゃべりして過ごします。

綿帽子装着
綿帽子装着!

家族が写真を撮ってくれました
家族にも写真や動画を撮りまくってもらいました!



途中で神主さんに呼ばれ、式中の儀式の練習をしました。
時間は15分くらい?
ちなみに企画開始から式当日までの間のリハーサルはこれが初めて😳ほんとに家族婚ラク!!

式前誓詞練習
練習中

そして式

式開始の時間になりました。

巫女さんの案内で、整列して本殿へ向かいます。

本殿へ
ゆっくりと進む。

式はお祓い、祝詞、舞、三三九度、誓詞など、神前結婚式の一連の流れを行いました。

詳しい内容についてはこちらのリンクがわかりやすいと思います👇


式の時間は30分くらい。
予定されていた儀式も無事に行うことができました😊
祝詞奏上では身が引き締まりましたね。

神前結婚式 三々九度
式の様子(親族盃の儀)

挙式後撮影


式後の撮影では引き続き記念撮影を行いました。
綿帽子ver.の写真をたくさん撮ります。

撤収!


式が終わったらカメラマンさんに別れを告げ、再度タクシーで支度部屋へ。
髪を少しだけ直してもらい、着替えて予約したお食事処へ向かいます。

両家お食事会


食事会は美濃吉さんで行いました。
結婚式の食事会で利用したい旨伝えたら、
ものすごくお祝いムードのある食事、空間にしてくださいました😊

この内容で予算1万円/人 に収めてくれました!

ゲストがいないので、気を遣わず終始みんなで団らん。

最後はしっかり家族への手紙も紹介。

一通り食べてしゃべって15時くらいに解散。
両家で会う時間がなかなか取れなかったのでたくさんお話できてよかったです^^

その後:友人とささやかな食事会へ


その後は夫との共通の友人がお祝いに来てくれたので、飲みに。
体力がありあまっているのもあり、こちらも楽しみまくりました!
ほんとにいい日でした😋

その頃家族は…


その足で伏見稲荷に観光に行ったそうです。

元気だなー(笑)

感想


家族だけの結婚式。ゲストは呼べなかったけど、逆に家族との時間を尊重できました。
家族も楽しそうで、私も余裕があって楽しいし、料理は美味しいし・・・。
夫や家族はもちろん、知らない参拝者の人からも「きれーねー」と言ってもらえ、
すごく嬉し楽しい日になりました!

神前結婚式を選択することで、神主さんに日本の神様達への報告やお祓いをしっかりしてもらえ、
非常に身が引き締まりました。(お札ももらえました!)

友達や親戚が呼べなかったのが残念だけど、別で随所で祝ってもらったりしてとても満足です。
むしろ、改めてそういう場は作れたので却ってよかったかもしれません。
(披露宴のプレッシャーもないし・・笑)

新郎新婦、家族の負担や緊張が限りなく少ないおかげで心から楽しめる結婚式。
このような選択はだいぶ「アリ」ではないでしょうか😉?


 

コメント

error: このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました